完治して復職するには各種制度を利用して治療に役立てるのが得策です

特徴や利用する流れ

悩む男性

気をつけるポイント

心の病であるうつ病になってしまうと、今まで通りに仕事をすることが困難になってしまい、休職や退職を選ばなくてはならなくなってしまうことも珍しくはありません。そんな時に役立つのが傷病手当金です。うつ病で傷病手当金を申請する場合も、申請書の書き方は一般的な申請時と変わりはなく、書類を提出したり手続きをしたりしなければならないので、きちんと内容を把握しておくようにしましょう。手当金を申請するために準備しておかなくてはならないものの一つに、医師よるに傷病手当金支給申請書の意見書の記入があります。病院によっては、書類の作成に二週間ほど必要になることもあるので、早い段階で準備を進めておくようにしましょう。それと同時に会社に対しても、傷病手当金支給申請書の事業主記入欄に記入をしてもらう必要があります。揃い次第本人が記入した分の申請書と合わせて、会社から保険者に提出してもらうことが一般的ですが、自ら提出することも可能です。申請が遅れると手当金の支給も遅れるので、早い段階で申し込むべきといえます。

うつ病は心の病であり、一昔前は周囲の理解を得ることは難しかったですが、近年では病として理解される時代になりました。うつ病になった際には、仕事を続けるのとは困難と感じるのは当然のことではないでしょうか。仕事をすることができなくなってしまい、収入がなくなってしまった人の生活を支えるのが傷病手当金です。申請されてから一ヶ月というスピーディーさで支給が開始され、標準報酬月額の三分の二を受け取ることができます。最大では一年半受け取ることができますが、途中で仕事に復帰しても期間が延長されるわけではないので気をつけましょう。傷病手当金の時効は二年という期間があるので、休職に限らず退職しても、その後二年経過していなければ傷病手当金の申請を行うことができます。しかし申請を行うことができても、認められなければ支給されることがないので気をつけなくてはなりません。医師から労務不能しての発行をしてもらえないと証明できないので、できるだけ早い段階で申請することがポイントです。

Copyright© 2019 完治して復職するには各種制度を利用して治療に役立てるのが得策です All Rights Reserved.