完治して復職するには各種制度を利用して治療に役立てるのが得策です

申請の流れや注意点

悩む女性

申請者は増加傾向にある

傷病手当をうつ病が原因で受給したい場合は、会社を通しての申請となります。始めにうつ病の療養のために休職が必要であることを、上司に伝えます。会社によって対応は異なるものの、有給休暇や病気休暇をまず消化してから申請の検討に入るのが一般的です。申請することが決まったら傷病手当金支給申請書に必要事項を記入し、会社と医師の証明が必要なところはそれぞれに頼んで記入してもらいます。提出先は人事や総務などの部署の場合もあれば、加入している保険組合の場合もあります。申請が通れば、最長で1年6ヶ月間受給することが可能です。と言っても人によりけりで、医師が労務不能と認定した日数分が限度となります。もし受給開始から途中で復帰した期間が入ると、その間も1年6ヶ月に含まれるので、注意が必要です。また、うつ病で傷病手当の制度を利用したことがある人が再発した際、再度利用することはできません。基本的に違う病名であれば受給可能ですが、うつ病に関連した病気の場合は申請が通らない可能性もあります。

うつ病で会社を休まざるを得なくなった人は増えており、それに伴って傷病手当を受給する人も増加傾向にあります。この手当金は、給与が会社から支給されなくなった人の命綱となっています。通常は休職中の人が利用する制度ですが、退職後であっても受給することが可能です。受給条件の一つは、退職日まで健康保険に1日も欠かさず1年以上継続して加入していた人です。会社や加入先の保険者が異なっていても、非加入期間がなければ継続加入と見なされ、適用されます。もう一つの受給条件は、退職日に傷病手当の受給資格者であることです。退職日には、会社に挨拶に行ったり私物の整理をしに行ったりするのが一般的ですが、その日が出勤したと見なされる場合は受給できなくなる恐れがあるので注意してください。退職日より前に済ませておくのが賢明です。申請は会社を休んだ後にでき、これから休職するとなった段階ではできません。過去にうつ病で休職していた人の場合は、過去2年間を限度にさかのぼって申請することも可能です。

Copyright© 2019 完治して復職するには各種制度を利用して治療に役立てるのが得策です All Rights Reserved.