完治して復職するには各種制度を利用して治療に役立てるのが得策です

精神的に調子が悪い時

悩む男性

費用やその種類

人間は、気持ちに左右される生き物といわれていますので、気持ちが乗らない時には良い結果が出ません。ましてや、うつ病などになってしまうと生きる気力すら失ってしまうこともあるでしょう。うつ病になってしまった場合、重度の状態になると会社に行くこともできなくなってしまいます。会社に行くことができなくなれば当然お金が入ってきません。このような場合に、果たしてどのように生活をするかが問題になりますが会社員などの場合には傷病手当をもらうことが可能になります。傷病手当をもらうといっても、単に申請をしてもらえるとは限りません。まず、どれぐらいの費用がかかるかを理解しておく必要があります。傷病手当に必要なお金は、それほど多くないのでそれほど金銭的な負担を気にする必要はないでしょう。なぜかといえば、医者に診断書を書いてもらえばよいからです。医者に診断書を書いてもらう場合、どれぐらいのお金がかかるが気になるところですが実は保険が適用されるため\1000程度のお金しかかかりません。

うつ病により傷病手当をもらうとすれば、その特徴をよく知っておく必要があります。いったいうつ病になった場合の傷病手当といってもどれぐらいもらえるのか疑問になりますが基本的には人によって異なるところです。その人の給料から考えて2/3のお金をもらうことができると考えてよいでしょう。例えば、月収が30万円もらっていた人がいたとします。この場合、毎月20万円のお金をもらうことができるためなんとか生活できるレベルといえるでしょう。ただ、今まであまりに贅沢な生活をしていた場合には苦しくなりますので生活自体を変えなければいけないところです。傷病手当に関しては、ボーナスの扱いが気になるところです。ボーナスをもらっている場合でも、その分傷病手当をもらうことはできませんので注意しなければならないでしょう。もらうことができる期間ですが、1年6か月と定められています。そのあいだに、なんとか病気を治して社会復帰をする必要があるでしょう。一般的には、それだけの時間があればある程度病気を治すことができるとされています。

Copyright© 2019 完治して復職するには各種制度を利用して治療に役立てるのが得策です All Rights Reserved.